コメント 2

【改訂版】ジャグラーの面白さを熱く語ってみた!

Pocket

ブログ村に参加してます!

11応援お願いします^^(↙︎をタップ!)

にほんブログ村 スロットブログへ

(管理人のやる気が爆上がりします!)

 

どうも!

サクト@sudoh02です!

※この記事は、以下の動画をブログ用に書き下ろしたものです

【改訂版】ジャグラーの面白さを熱く語ってみた!

どうも!サクトです。

今回は、僕の大好きな台
「ジャグラー」シリーズの話をしたいと思います。

まず最初にね、
ジャグラーって機種の説明なんすけど、

日本で生きていたら
1回くらいは「ジャグラー」って聞いたことありますよね?

パチンコ・スロット経験者は間違いなく知っていて、

「私、パチンコみたことも打ったこともありません」って場合も

「ジャグラー」って言葉は、1回くらいは聞いたことがあると思います。

それに、大学生活していたら、
同じ学部の誰かは「ジャグラー」の話してるじゃないですか?

えっ、してない?

ちょっと心配なので、
最初にざっくりと「ジャグラー」の説明をさせていただくと、
①ピエロが主人公の台なんですね。
②ランプが光ったら当たりなんですね。
③BIGとREGがあるんですね。
以上です。

ジャグラーについてはこれだけで十分で、とにかくシンプルな台なんですね。

でね、「ジャグラー」に対する意見としてよくあるのが、

「あんなの何がおもろいん?」
「ただ光ったら当たりとか、マジで暇すぎてわろた、
「もはや暇を通り越して眠くなるわ、草」
「豆電球でもみとけや、くそったれ」

いろいろね、「ジャグラー」に対する意見はあると思います。

なので、今日はね、
ジャグラーにハマりすぎて、
ぎっくり背中とぎっくり首とぎっくり肩を同時に発症して、
1日中寝たきりになったことがある僕が、
「ジャグラーの魅力を語り尽くしたいと思います!」

ちなみにこの動画を最後まで見れば、

あなたが「ジャグラー童貞だとしても!」

スロットが趣味の上司や同僚がいれば、

話を合わせられるどころか、
間違いなく気に入られる

そんなメリットもありますので、是非最後まで見てくれると嬉しいです!

それでは、本題です!

ジャグラーの魅力

もう結論から先に言いますね。

ジャグラーが面白すぎる理由

それは、

『演出が無限だから!』

誰がなんと言ようと、これに終着します!

これを言ったらね、
ジャグラーをちょっと知っている方なら、

「お前、何を言ってるんだ」
「ジャグラーなんて、あのGOGOランプが光るだけじゃないか!」
「たまに、ガゴ!みたいな意味不明な音を立てるが、
ただそれだけで、演出が無限とか意味がわからない」

って意見が出ますよね。

はい、わかりますその気持ち。
僕も小学3年生くらいの頃は、そう思ってました。

なんですけどね、そうじゃないんすよ!

あの、GOGOランプはですね、
その時の打ち手の感情や状況により、
ペカりという演出が違って見えるんすよ

もうね、同じ演出なんて、今後一生ないレベルです。

そのペカりはあなたのものであって、
誰もそのペカりの快感を奪うことはできないんですね。

はい。

ちょっと抽象的すぎて、
何を言っているかわからなくなってきたので

ここで具体例を出します。

①あぁ~現金投資が止まらない。もう1万5千円も投資してるよ。マジで頼む。ペカッてくれ。頼むから、あぁああああ!って瞬間にペカる

②「いやいや、(笑)、この台当たりすぎだろ!こんなに俺だけペカっていいのかね?」「みんなすまんね〜(笑)」って瞬間にペカる

③「さっきまであんなにペカっていたのに!」「これ、もしかしてランプの電源切れてるんじゃね?」「もしも〜し、ランプ故障してるんじゃないですかぁ〜、」って疑っている瞬間にペカる

①〜③ってね、
どれも打ち手の感情が違うじゃないですか?

この感情が違う時に「ペカっ」ったら、どれも違うペカ(演出)なんですね。

僕たち人間って、瞬間瞬間でいろんなことを考えているじゃないですか?

「今日はデートだ。楽しみすぎる!」とか、
「帰ったら大学の課題せんといかん。めんどくさい。最悪」とか、
「店休日飲み会がやりたい。やりたすぎて興奮してきた」とか、

ふとした、どの時間を切り取っても、
まったく瓜二つの感情って1秒たりともないと僕は思うんですね。

その1秒1秒の、どの瞬間で「ペカ」るのかわからない。

ここがね、
ジャグラーの「演出が無限」である所以であり、
長く愛され続ける秘訣なんですね。

はい。
ご理解いただけましたでしょうか。

ここまでは感情面によって「演出が無限だよ」って話をしてきました。

次は、
「打ち方」によって
「演出が無限だよ」って話もしたいと思います

ジャグラーの魅力②

ジャグラー含め、スロットは、
投入口にコインを入れて、
MAXBETを押して、レバーを叩いて、ボタンを3つ押します

まぁ、ここはね
なんとなくイメージできると思います。

スロットを打ったことがないって方も、

粗品さんの
「何か、悪い事をした気分になるジャグラーのメダル払い出し音」
のモノマネを見たことがあるでしょうし。

で、例えばなんですけど、
ボタンを3つ押して、リールを停止させるわけですが、

「バババ!」
と停止させることもあれば、

「バン!・バン!・バン!」

と静止させることもあれば、

「バン!ババン!」

と停止させることもあるんですね。

このリズムは打ち手固有のものなんですけど、
長いことジャグラーを打っているとですね、

台毎に、ペカりやすいリズムってのが出てくるんですよ!

厳密には、そんなリズムってのは存在しないのですが、
台と意思疎通ができるようになると、
台が気持ちよく感じるリズムってのを探し求めるようになるんですね。

だから少しだけ、「早く打ってみよう!」とか、
逆に少しだけ「遅く打ってみよう!」とか、

そういう微調整をやるんですね。

さらに、台がペカリすぎて
疲労が蓄積されていると感じたら、
いったん台を冷やして(休憩させて)打ちはじめよう!
って思考になります。

もはやそこまでいくと、
ジャグラーが友達って感覚なんですけど、

この感覚で、
ジャグラーを打っていると、
打ち方が毎回違ってくるんですね

ここを無理やり言語化するならば、

・「バババ!」と素早く打って、ペカったら、「ハッ!」なんすよ。

・「バン!・バン!・バン!」とゆっくり打ってペカったら「ウォ!」なんすよ。

・「バン!・ババン!」と緩急をつけながら打ってペカったら「( ˙-˙ )」なんすよ。

ね!違いますよね?

そういうことです^^

まとめ

はい!ってなわけで、
ジャグラーの魅力を「これでもか!」
ってくらい話してきたのですが、

結局のところジャグラーの面白さって、
「演出が無限!」ここなんですね。

今回の動画は、
ジャグラーを打たなくても、ジャグラーの面白さがわかったわけですから、

明日から、ジャグラー好きの上司や同僚がいたら、話を合わせられますね。

最後にデモンストレーションをやって終わりにします。

僕「先輩!昨日の稼働どうだったんですか?」
先輩:「え!聞いてくれるの?、+2000枚!勝ったよ!」
僕:「えっ、マジっすか!すごいっすね!」「しんどい時間帯とかなかったんすか?」
先輩:「それがあったんだよ、途中で700Gもハマちゃってさ、」
僕:「うわっ、700Gハマりはきついですね。そこまでよく粘りましたね」
先輩:「もう意地だよね!」
僕:「いや〜先輩すごいっす!それにしても、700Gを超えてのペカりって、絶対にたまんなかったでしょ!」
先輩:「そうなんだよ!あのペカりはヤバかったね。途中でさ、何度も止めようと思ったんだけど、なんとなくこのあとジャグ連する感覚があったというか、、それでずっと粘ってて、やっとな、あーでこーで、・・・(※割愛)」
僕:「先輩、喉乾きました!」
先輩:「どれが飲みたいんだ?♪」
僕:「先輩!太っ腹!ありがとうございます!」「ついでにチャンネル登録もお願いします!」

・・・

なんだこれ、

完!

少しでも面白かったら応援ポチお願いします。

にほんブログ村 スロットブログへ

上記のバナーをタップするだけで

僕を応援できます( ˘ᵕ˘ )⋆。˚✩

 

学生スロッターのブログはこちらから↓にほんブログ村 スロットブログ 学生スロッターへ

2 件のコメント

  • お疲れさまです。
    もう旅うちは終わったのですか?今読者や視聴者が求めているのは旅うち千日戦争企画か店休日飲み会の進捗やと思いますよ。
    動画とブログ更新頑張ってください。

    • お疲れ様です!
      置いてけぼりにしちゃってすみません。

      このような語り系の動画は「ウケる」のかなぁ、と思って、検証してました!

      旅スロまだ終わってません!
      これからガンガン投稿されていくので、楽しみに待っててください!(千日戦争は必ず引きます(; ・`д・´))

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。