【第2章】サクトを破産させた投資ジャブジャブ青天井の台とは!? 天国にブチ込めば勝てる台!だが、そこまでが遠い!遠すぎるよ…←沖ドキ!

Pocket

 

〜前回のあらすじ〜

20スロはハイレートすぎるから絶対にやらないと誓ったにも関わらず手を出してしまったサクト。

そこで最高の成功体験をしてしまい20スロにのめり込んでしまう・・

 

タイトルでもろネタバレなんですが、

僕を破産寸前まで追い込んだ台はコイツ

 

沖ドキ!っす!

 

・・・

↗︎可愛い雰囲気出してるけど”死神”っすからね!

(コイツが原因で借金背負った!なんて人多いと思う。←僕もやばかったし)

 

さて、

沖ドキ!をサクッと説明すると、

 

とにかくハイビスカス光らせて天国にぶち込み、

そして、ひたすら天国ループさせ出玉を伸ばす台。

(天国は天井32Gだから32ゲーム以内にハイビスカスが光りまくる!)

 

何がエグいかというと、

天国スルーを繰り返せば繰り返すほど次回天国に入りやすいって仕様で、

ドロ沼から抜け出せなくなります

 

この台に僕は破産寸前まで追い込まれてしまいました。。。

初沖ドキの印象は最悪

僕が初めて沖ドキを打ったのは5スロでした。

 

ハイビスカスが光ると当たりなんだろうなぁ。」

とあのピエロ(ジャグラー)と同じ仕様だと思ってたんですよ。

 

ピエロと同じだと思いながら履歴を見た時は驚愕しましたね!

1ゲームBIGが3連続していましたから(←沖ドキなら3連続くらいよく見ますよね。)

 

僕はハイビスカスはどんな感じに光るのか+1ゲームBIGが3連続ってどういうこと?

興味津々だったので少し打ってみたんですよね。

 

ですが、何も面白くなくて絶望しました。

 

特に、

・コイン持ちがすこぶる悪いことに嫌気がさした。

(50枚で23ゲームしか回らない。ピエロなら50枚で35ゲーム)

 

また、

・リールがちゃっちいこと。(安っぽい

(僕の目には、そう見えました)

 

以上の理由から、

打ち始めたはいいが100Gほどでやめてしまいました。

 

僕は思いましたね。

この台はもう打つことないな。って。

 

なんですが、

YouTubeをみてカナちゃんだけでも一目見ようと!

僕はスロットの演出が好きなので、

手っ取り早く演出をみることができるYouTubeでパチスロ実践動画をよく見ていました。

 

僕がよく見ていたでちゃう編集部の髭原人の動画で沖ドキ!の回があったんですよね。

 

そこで初めて、

沖ドキのゲーム性、カナちゃんが真横にいること。・・・

 

いろいろ知ってですね、

 

僕が疑問に思っていた1ゲームBIGが3連続の謎も解けました!笑

 

知識が頭に入っていけばいくほど

もう一度だけ沖ドキ打ってみたい!

って強く思っちゃいました!

 

(カナちゃんの生透けパンティ〜を拝みたかったのは秘密〜)

 

ただ適当には打たない!

沖ドキのコイン持ちの悪さは身をもって体験していたので、

適当に打ったら損失が大きいだろうな。

と容易に想像できました。

 

髭原人の動画でも多少知識がつきましたが、自分でもいろいろとネットで調べてみました。

 

するとどうやら、

「天国スルーするごとに次回天国の可能性が高い!」って情報をキャッチしたんですよね!

 

キレッキレの頭の持ち主であるサクトは、

えっ!そんなの履歴みたらわかるじゃん!

(↗︎ジャグラーと同じパターンw)

 

ってことで僕はカナちゃんと出会うためにホールへと向かうのでした。

5スロの沖ドキを探すも・・ないから20スロ!?

そもそも沖ドキは大人気なので、

5スロに設置しているお店はほとんどなかったんですよね。

 

僕がママチャリでいける範囲の店舗では、

設置しているお店は1店舗で1台設置だったのです。

 

1台設置…( ˙-˙ )

 

これでは、天国スルーを繰り返している状態で放置されていないだろうな。

 

と思いながらホールに到着すると、

案の定0スルー。

 

これでは打てない。

 

ってことを、2、3日繰り返した時に、

なんと新台入替で5スロの沖ドキが姿を消してしまったのです!!

 

結局打てなかった・・

 

だからといって、20スロの沖ドキを打つ勇気はない…

だからずっと諦めていました。

 

 

しかし今は違います!

20スロで最高の成功体験をしたサクトは、

「20スロは絶対に打たない!」

 

という掟破りにも成功していたので、

これまでずっと「打ちたかったけど、打てなかった沖ドキが打てる!」とすごく興奮していました。

 

興奮しながら20スロコーナーを徘徊していたところ、

 

沖ドキの設置台数に思わず笑みがこぼれました!

 

なんだ!この台数は!!∑(゚Д゚)

 

これまで1台設置が当然だと思っていたので、

沖ドキだけで島が形成されていたりすると

それだけで僕のテンションは爆上がりしました^^

 

そして僕の戦略(スルー回数狙い)通りに履歴を確認していくと、

 

2スルーが…え〜マックスですね。はい。

なので、2スルー台を打つことにしました笑

 

僕は2スルーしている沖ドキに着席して、

カナちゃんをそっと撫でて、

打ち始めました・・( ̄∀ ̄)ドキドキ

 

ビギナーズラックが発動

沖ドキを打ち始めると、

まず何よりコインの大きさに驚きました!(←30パイの沖ドキを打ってましたからね。)

 

いつも使っているコインよりもひと回り大きい!

 

初めて触るコインの大きさにも興奮しつつ、

1ゲーム1ゲーム気持ちを込めながらレバーを叩きました!

 

すると、、、

ものの数ゲームで・・・。

 

・・・!!!

沖ドキ ハイビスカス 点灯

ハイビスカス点灯!

 

あまりのハイビスカスの美しさに、僕はのけぞってしまいました( ̄∀ ̄)

 

そして、BIG消化中もずっとハイビスカスの光を眺めてうっとりしていました。

(ジャグラーは777を揃えた瞬間にランプが消えますが、ハナはいいですよね!)

 

BIGを消化し、

天国をかけた運命の32ゲーム!

 

ここが勝負!(`・ω・´)キリッ

 

僕は深呼吸をして気持ちを作り直し、

1ゲーム1ゲーム気持ちを込めてレバーを叩きました。

 

1

2

3

 

・・・!!!

沖ドキ ハイビスカス 点灯

ハイビスカス点灯!

 

 

天国きたぁああああああ!

番長3 強化

 

秒で初当たりを引き、

一発で天国にあげ、

 

そして、

速攻でカナちゃんを光らせて、

BIG中のBGMにノリノリ♪

 

面白いところすべてを体験し軽く2000枚を獲得することに成功しました!

とりあえず天国抜けを確認してやめ。

 

そしてママチャリに乗って沖ドキBGMを口ずさみながら帰路につきました!

 

ぼろアパートについても興奮覚めきず、

僕の頭の中は

沖ドキ ハイビスカス 点灯

ハイビスカス心地よい沖ドキBGMでいっぱいでした。

 

何度も今日の出来事が思い出されます。

 

と同時に、

僕はこの成功体験を次回にもつなげるために、

今日やって成功した沖ドキの狙い方をメモしておくことにしました。

 

「沖ドキ、2スルー」って…( ゚д゚)メモメモ

 

必殺の「スルー回数狙い」

この簡単に勝てた経験により、

勘違い野郎サクトは調子に乗ります。

 

結局「沖ドキは、天国スルー台を打てば勝てる!」

それも「2スルー以上だ!」

 

こうして

”破産まで続く恐怖の「スルー回数狙い」”が誕生したのでした。

 

もちろん「スルー回数狙い」を実行します!

だって成功しちゃいましたからね。

それに沖ドキの2スルー台なんて腐るほど落ちてますし。

 

するとなぜか・・

勝てるぞぉおお!ヽ(*´∀`)

 

これで僕の中で「スルー回数狙いは食える!」

と確信めいたものへと変わりました!(`・ω・´)キリッ

 

そこで僕はこんな行動に出ます!

 

沖ドキで食っていけると確信し1人で旅打ちに出発!

この沖ドキ1人旅を企画した背景として、

沖ドキは、

日本全国のホールに設置されているからどこにいってもある。

2スルーだったらじゃんじゃん拾えるだろうし食っていけるんじゃね!?

という軽いノリで企画しました。

 

また、もともと僕は、

もっとたくさんのパチンコ店に行ってみたいとずっと思っていて、

 

なぜかというと、

僕が初めてパチンコ店に行った時は、

・まずは外観

・そして装飾(POPなど)

・店内の匂い

・台の配列

 

それから、

・店内の明るさ

・店員の服装や接客

・天井の柄、天井までの空間

・床のカーペットや壁の柄

・休憩室の雰囲気

 

や、

 

・コインの絵柄

・椅子の座りやすさ

・タバコのニオイ対策(ファブリーズ、脱臭機械等の有無)

・マッサージチェアーの有無やクオリティ

・漫画や雑誌の充実さ

・会員カードの柄

 

そして、

・トイレの綺麗さ

 

とかとかを見たりすることが大好きなんです(。-∀-)

 

店舗によってすごく差があって、

会員カードが可愛かったり、

この匂いは○○○のお店だ!って判断できたり、

 

マッサージチェアがあまりにも気持ちいいから、

Amazonでいくらするのか検索すると・・・

1台30〜40万してこれが3台並んでいるから約100万か!(。-∀-)すげぇ

 

などなど・・

 

そういった理由で、

もっとたくさんのパチンコ店に行ってみたかったのです(`・ω・´)キリッ

 

とにかく思ったら即行動する(良いのか悪いのかよくわからない)性格なので、

とりあえず○山県でもいってみるか!

 

ということで○山駅近郊のネカフェで寝泊まりつつ、

駅周辺のパチ屋をアプリで見つけて僕は沖ドキを打ち続けました!( ̄∀ ̄)

 

 

し、しかし、、、

天国に上がらない…

おいおいおいおい。

まだか。まだなのか。。。

 

打てども打てども天国に上がらない。

 

スルー回数は容易に5回を超えている。

ハマりゲーム数は天井2回連続まで秒読みのところまで来ていた。

 

そして、

閉店時間を考えてもここで天国に上がってくれないと

天国にブチ込む時間がないことに気がついた。

 

「まさか、閉店まで天国に上がらないことはないだろう。」

 

と確率的には低いが起こっても不思議ではない事象を、

 

「僕だけはそんなことにはならない!」

 

とこれまで楽観視していたことが、

まさに今実現しようとしている。

 

投資額も10万円を当たり前に突破していた。

このままだと諭吉10人がたった1日で僕の元から離れてしまう∑(゚Д゚)

 

僕は恐怖でちびりそうになるのを堪えながら必死に天井を目指した。

 

そして、

天井1000ゲームに到達しハイビスカスはもちろん光った。

沖ドキ ハイビスカス 点灯

 

 

さぁ、

運命の32ゲーム・・・

 

たのむ!

まじでたのむ!!!

心の底から僕は祈った!

 

1

2

3

32・・・(シーーン)

沖ドキ ハイビスカス 消灯

 

 

願い虚しく、32ゲームをスルー…

 

沖ドキの2スルーを打っていた僕は、

結局閉店まで天国にぶちこむことはできませんでした。

 

もう身体中どこにも力が入らなくて、

ふらふらになりながら今晩泊まるためのネカフェへと向かいました。

 

晩飯なんか食べる気も起きず、狭い個室で僕は横になって目を閉じました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。